医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 勤務先で選択 >> 製薬会社

製薬会社

製薬会社では、メディカルドクターなど、実験や臨床、そして治験や新薬の開発業務などに携わる医師の採用が多くなってきました。外資系製薬会社では当然のように一定数採用しているメディカルドクターは、いまの製薬業界の再編成のなかで、着実に必要とされています。新しい新薬、特許の取得や有望な技術、開発力のある製薬会社は、M&Aなどで、買収を受けたり、または日本企業と海外企業の合併が増えていることから、これからは国際レベルで論文を発表、学会での発言、また新しい研究のプロジェクトマネージャーなど、製薬会社のいちサラリーマンとして、また研究者として色々なスキルが必要とされます。

医師というと臨床医師、つまり医療機関に勤めるのが普通になっていますが、海外などではメディカルドクターの資格、つまりは医療や医薬品の専門知識や臨床経験を活かして、新たな新薬を開発したり、実験や治験をして、アメリカのFDAや日本の厚生労働省に薬の認可を貰うプロセスに携わるなど、医師ならではのスキルを活かした仕事が目立ってきています。臨床以外の一つの医師の進路ともなっているのです。

医学博士の資格を持つドクターは、海外のメディカルドクターと同等の扱いなので、臨床経験があり、また専門分野や治験実施の経験がある医師は、メディカルドクターとしての進路も考えてみるべきでしょう。それだけの見返りもあり、年収は、かなり良いと聞きます。外資系製薬会社で、プロジェクトマネージャーなどになると年収1500万円くらいも狙えるそうです。

求人サイト等でもメディカルドクターは募集していますが、他社に新薬の開発や新規のプロジェクトの実行を悟られたくないために、非公開案件として求人を出すことが多くなっています。研究機関で働いてきた方も、キャリアチェンジのチャンスだと思います。

メディカルドクターのポジションに応募はしても、実際には、企業が求めている人材のレベルが高く、面接を多く設けたり、グループで研究を進めるために、その人のコミュニケーションスキルや管理力も同時に試されます。

企業のほうも、ずっと続いている業界再編成の流れのなかで、優秀で戦力になるメディカルドクターを採用したいのです。国際経験が豊富で、なによりもすでに製薬会社でメディカルドクターとして一定の実績がある医師は、これからは、市場でかなり引きが多い状況となることが予想されます。

医師の進路もこれからはもっと広がっていくと思いますし、その人が得意な分野で適所適材的な抜擢や、医師自身が満足できるような転職先を見つけることができれば、それに越したことはないのでしょう。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.