医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 勤務先で選択 >> 市民病院

市民病院

市民病院という名称は、市立病院と、民間の医療法人がつけている私立病院など、二通りあり、最近は新しく設立された地方部の専門病院や私立病院に、○×市民病院と名付けられる事が増えているかもしれません。ただ、その医療法人の名前や設立者、土地名を病院名にするのではなく、広く市民に利用してほしいという願いが込められているのでしょう。地方自治体の改変のなかで、古い老朽化した施設を刷新し、新しい施設にしたり、医療法人が地方などの医療過疎地に新たに病院を新設するときに多い名前です。

お年寄りを中心に、民間病院よりも公営病院、大学病院などのほうが権威が上のように思ったり、より高度な医療を提供してくれるようなイメージを持っている人は多くいらっしゃると思います。実際は、民間の医療法人のほうが資金や人材に恵まれて、医師の仕事の満足度やQOLが高いとしても、民間よりは、国立や大学病院のほうを信頼している患者さんはまだまだ多いのでしょう。また診療料金などを考慮して、公立病院に行くという患者さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

いまは国立病院は、特定を含め、独立行政法人になっていますし、都道府県、市区町村は各自治体で病院経営を行っています。そしてあとは民間、一般病院になりますが、これらの民間の医療法人でも、ユニークな治療や、海外でしかおこなわれていない新しい治療法を先取りしたりして注目を集めている医師がいるものです。多少民間の病院のほうが、個性溢れる先生が多い印象です。

すでにその世界のエキスパートである先生が、病院を開いたり、またその地域の中核となるような医療センターがない場合は、民間市民病院が地域中核病院になるべく、病院設立する事があります。必ずしも大規模な病院、最先端の機器を揃える病院が、国立、大学病院に限らないということです。

市民病院は、公立や私立にかかわらず、新しく、そして外に開かれたイメージがあります。国や都道府県がすでに一つの権威となっているのなら、市民病院は、市民が敷居を感じずに、だれでも気軽に立ち寄れるようなイメージ、そして新しい病院の形を模索できます。

求人サイトなどでも、○×市民病院と呼ばれる病院で、沢山の求人があると思いますが、その施設で新たな可能性を求めて、転職してもいいかもしれません。なによりも設備が新しい病院は働きやすいものですし、新設の病院なら、スタッフもすべて新しいので、すでにできあがった人間関係のなかに入るより、これから完全に新しい人間関係を作る環境に入ったほうが、溶け込みやすいのも事実です。だから新設の病院などに転職するのは、隠れたおすすめ案件なのです。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.