医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 勤務先で選択 >> 労災病院

労災病院

地域の労災病院は、件数は多くはないものの、勤労者医療、地域医療の中核病院として、大きな役割を果たしている病院です。独立行政法人が運営しており、産業保険総合支援センターや、医療リハビリテーションセンターなどがあります。労災病院と一般病院の大きな違いは、働く人々の職業生活、健康を医療の面から支えるという理念の下に運営されている点です。

病気の予防、治療、リハビリ、そして職場復帰に至るまで、健康や体調管理の維持を促進したり、病気の治療、そして回復をサポートし、好ましい健康状況を保ちながら、就労を促進する機関といってもいいかもしれません。つまり、勤労者の病気や怪我をした患者の早期職場復帰及び健康確保を目的としている医療機関です。

労災病院を運営しているのは、独立行政法人労働者健康福祉機構であり、厚生労働省の所管の機関です。全国で32の病院と2つの分院を持っており、全国規模で労働者の為の医療を展開しています。

労災病院については、あまりその内容についてつまびらかにされることはないのですが、厚生労働省の所轄になりますので、労働者健康福祉機構には天下りが多いという傾向があります。5代以上、連続で天下りを受け入れているといわれる点で、非常に組織、管理が膠着している点もあると思われます。

国立や大学病院とは趣が異なり、またリハビリテーションセンターなどの運営もあり、医療関係者にとっては、一度は転職先として考えるかもしれません。ただ、一部の病院では、施設の老朽化や、医療スタッフ不足があり、職場環境は、それぞれの病院によるので、よく調査をしてから入局するといいでしょう。

転職サイトを利用しても、この労災病院での求人を見つけることができると思います。リハビリテーション施設を含めて、労災病院でもやりがいや仕事のQOLは保たれると思いますし、病気や怪我からしっかり回復して、またもとのように仕事に邁進できる患者さんを見送ることができるのは、医師冥利に尽きると思います。

様々な選択肢があるなかで、慎重に自分の転職先を考えましょう。どんな組織に属しているかで、医師としての将来性や未来もずいぶんと違ったものに成る筈です。各労災病院でも、人員を募集していますので、直接応募してもいいですし、転職サイトなどを利用して、転職エージェントのアドバイスを受けながら、じっくり転職先としてふさわしいかどうか検討してもいいと思います。ちなみに、2014年現在、98の独立行政法人がありますが、労働者健康福祉機構は、職員が非公務員になりますので、その点も注意です。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.