医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 種類別で選択 >> 専門医取得

専門医取得

医学部を卒業し、前期研修と後期研修を終了して、医師として臨床現場で働き始めるのが一般の流れです。だいたいの医師は前期のスーパーローテート方式で様々な分野を2年ほど学び、後期研修(3年から5年)でそれぞれの希望の専門科に分かれて、研修をしていきます。だいたいはその専門科の学会に所属し、規定の研修や、資格試験に通ると晴れて専門医の資格が取得できます。専門科目にもよりますが、だいたい専門医資格を取得するのに後期研修終了まで、3年から5年かかるようです。医師になって最短で6年目に取得できるのが一般的です。

それぞれの専門医資格を取得するには、学会で定められた研修機関での研修が必須となっています。その研修なしには、受験資格は得られません。そのため、できれば早めに進路を決定し、その中で専門医資格を取得し、現場での臨床経験を積みましょう。専門医を取得したあとは、もっとも医局を離れる医師が多いとも言いますが、資格を取得したことで、転職や将来有利なパスポートを取得したのと同じだからでしょう。

専門医資格を取得して、臨床経験のある中堅医師がもっとも転職市場では人気があるといいますし、医師としてもそのまま大学の医局に所属するか、大学院に戻って研究をするか、または実家が開業医の場合は、そこで新しく臨床診療を始めるかなど、一つのターニングポイントになるといいます。年収の面でも、20代のインターン時は、他の職種と変わらないくらい、または他でアルバイトも必要なくらい薄給であっても、30代くらいから実力や年収、役職なども多少つく人もいて、そうなると進路に迷って当然です。高待遇の求人案件が沢山あるご時世ですから。

ただし、本当のところは、専門医資格を取得してからが本当の勉強なので、研修機関として指定された医療機関で、もう数年研修を積んで、臨床経験を積むのが現場の医師として、価値を高めることになります。もちろん転職の必要がなければそのままその医療機関に勤め続けるのもおすすめです。

ただ、専門医資格を一つの区切りにして、海外研修に参加したり、新しいチャレンジをするというのもステップアップのチャンスですから、よい機会があれば、積極的に外部にアプローチしてもいいとも思います。

もちろん専門医資格を取って、その分野の専門になったとしても、転科をする事も可能です。一つの分野に長けていることは、総合診療の点でも大きな利点があります。これから転職が頻繁に行われることが予想される、医療機関の転職市場において、自分の強みや専門科をもつことはどんな転職にとっても有利に働くことは間違いないでしょう。自分への自信にもなると思います。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.