医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 種類別で選択 >> 研究職の求人

研究職の求人

研究職の仕事は、そのまま出身大学に残って大学院の研修室に残るか、もしくは製薬会社の研究員になるという道が考えられます。前期、後期研修を終えて、その後大学院に進むのも一つのコースとして考えられます。海外などに研修、そしてインターン就業などをして、研究分野をより極めることもできますし、留学資金を提供している独立行政法人もあります。

技術力で日本の国力をより強くしたいという現政権の強い要望により、独立行政法人や特殊独立行政法人では、研究機関に莫大なお金を投じている現状もあります。もちろんこれからの日本を支える上で研究職というのは必要な分野であり、とくにバイオテクノロジーの分野で活躍する人材が求められています。

大学や国の研究機関に勤めて、新しい技術開発をしていく事も可能な他、民間の製薬会社に勤めて、新薬の開発や、実験、治験などを行う研究職もあります。自分の研究や技術がどのように用いられるか、そしてそれによって得られる報酬なども違いますが、いまは民間企業に勤めていて、新しい技術を発見、発明した研究者に積極的にボーナスを支払ったりする企業も増えています。また、研究者自身が特許の帰属権を巡って会社と争うケースがあったりと、研究分野で、ドル箱になる研究が沢山行われていて、それが新しい企業再生、国際間の競争力、個人のクレジットになるケースが多いです。新しい技術や新薬、病気の治療法は国益ともなり、企業にとっても莫大な利益をもたらすので、才能のある人材は、国際間でも引っ張りだこになっているようです。

すでに研究畑で実績がある人は、国の研究機関や大学で研究をし、そこから民間との共同開発などをして頻繁に人が行き交っている現状があるようです。そのため、研究者として実績があれば、とくに民間への転職は比較的やさしく、いままでおこなってきた業務にあったポストが用意されることでしょう。

外資系製薬会社でのメディカルドクター職もあり、研究者は狭い世界にいるだけではなく、キャリアアップやキャリアチェンジ、年収アップも可能になっています。求人サイトで研究職の募集も最近はどんどん増えてきています。今までの研究と同じ分野なら、またグループリーダーなどの経験があれば、転職成功の可能性は高いと言えます。

逆に自分をどう売り込むかというのも大事なので、経験豊富なキャリアエージェントなどと、職務経歴書のポイントや面接対策などをしておくとよりよい転職ができるのではないでしょうか。また、自分にぴったりの転職チャンスやスカウトが来たら、そのタイミングを逃さない事も大事です。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.