医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 種類別で選択 >> 院長の求人

院長の求人

いまは、組織の長を、外部から募集する会社や機関、法人も増えてきました。いままで、医師の世界はピラミッド型の医局制度に縛られていて、テレビドラマのように陰謀、つまり権力や覇権渦巻く駆け引きのような毎日のなか、徐々に出世の階段を一段一段上っていくようなイメージとは違った転職ができるようになりました。もちろん出身校がらみの学閥や医局制度、それにまつわる出世争いはどんな社会でもないとは言えません。若手の抜擢などはまず無く、大学病院などでは、教授、准教授、講師、医長、医員というような序列になっています。当然、教授や准教授に登り詰めることができるのは、一握りの医局員だけで、ほとんど医員レベルの医師が多いのが普通です。

ただし、最近は医局制度が徐々に弱体化し、新設病院や新しい医療の形を目指した医療法人なども増え、独立行政法人化した大学病院や国立病院なども変革を迫られる時代となっています。だからこそ、院長や副院長、部長などの重要なポストを外部から広く募ることも普通になってきています。

もちろん、その医療機関内部からも有望な候補をあらかじめ選んでおいて、外部で募集した人も一緒に選考対象にするなど、さまざまな形での募集があると思います。一番多いのは医療法人の新設クリニックや病院の新しい院長を募集することです。

新規立ち上げの機関なら、すべての人間関係をこれから始めることができますから、すでに膠着化した限られた職場環境、人間関係のなかでなかなか新たな職場に溶け込めなくて悩むことは少なそうです。

ただし、院長などのすでに役職がついたポストに応募するわけですから、すでにその経験や、その立場にふさわしい実績などがないと採用は難しいでしょう。採用になる場合でも、待遇や年収の点で折り合わないこともあります。

医療機関等が直接募集をかけていることもありますが、医師専門の人材エージェントなどで、院長候補を募集していることが数多くあります。年収レベルや、場所、それからキーワード検索などで、院長職を探すことができます。小さなクリニックや総合病院まで院長といってもその幅はかなり広いですが、それ相当の実力と経験があれば、応募してみるチャンスでしょう。

コツコツと決まった場所でキャリアを積む事もとても大切ですが、ときには新しい環境に飛び込む勇気も必要かもしれません。タイミングを見極めて、新しい環境に飛び込みましょう。希望年収や待遇の面で自分が求めるレベルにある求人案件は多数あり、地方都市等の病院でも多くのリーダー、院長が求められています。公営病院、私営病院等で待遇は異なりますが、それぞれの条件を熟慮のもと、決断をしてみてはと思います。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.