医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 医師の年収FAQ >> 診療科別の年収は?

診療科別の年収は?

医師でも本当に医師が不足している地方、それほどではない地方、また医師数が少ない専門科と医師が余っている専門科などは当然あります。医師としては、当然高い年収を期待したいところですが、年収等関係なく、専門医が少ない科を希望し、使命感をもって、地域医療に貢献する医師もいていいですし、競争が激しくてもやりたい専門科がある場合は、その目的通り進んでもいいでしょう。年収とやりがい、貢献度などが自分のなかでイコールになれば、それでいいのです。地域によって、またその病院によって年収は異なります。

科別というより、どんな医療機関に勤めるかどうかで、年収は違います。例えば、大学の医局では、20代の駆け出しから中堅の30代前半までは年収300万から600万、それから講師になってやっと700万、助教諭800万、教授になってやっと1000万という驚きの結果となっています。医局の指示で地方に転勤などを考えると、拘束力は強く、しかも状況はかなり厳しいですが、保証と安全の面では医局関連で仕事を続けることもメリットはあります。

また、民間病院、一般病院になると、20代でも倍くらい、600万円くらいからのスタートになり、中堅の5年目くらいにはすでに1000万円を突破します。部、課長クラスで、1500万円、院長なら2000万円は堅いでしょう。

開業医ならば、その専門科にかかわらず、やはり2000〜3000万ほどは年収がありますが、かかる費用も多いですので、その金額そのままに受け取るのは危険です。一般に、不足している診療科であり、地域の中核病院や人気のクリニックであれば、それだけ実入りも多いですが、勤務時間やストレス、プレッシャーも多くなります。

いまは産婦人科や小児科、そして麻酔科や放射線科、外科などの医師が不足していると言われています。また皮膚科などの医師は逆に増加しているといいますが、それも地域差やその診療科を必要としている患者がどれくらいいるかで決まりますので、そう一概に多い少ないを決めることはできません。

ただ、地域のニーズだけではなく医師自身が自分の専門科やQOLのために仕事を選ぶのは当然の権利であって、もちろん診療科ごとや、所属組織での年収がどれくらいかで仕事を選ぶ、転職をするのはごく当然のことです。

やりがいや自己犠牲的精神で仕事をするのももちろんアリだと思いますが、当然年収や待遇で仕事を選ぶこともできます。いまの年収で満足しない場合、よりよい待遇や、働き方の自由がある場合は、転科、転職を考えてみましょう。それが一つの、大きなターニングポイントになる可能性がありますので、日々仕事について、待遇に見合ったお給料が払われているかどうかを見定める必要があると思います。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.