医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 医師の年収FAQ >> 勤務医で年収UPするには?

勤務医で年収UPするには?

勤務医で年収をアップするには、転職サイトなどを利用して、より年収、待遇がよい仕事を見つけて、応募し、面接をして採用が決まれば、晴れて年収アップを実現できます。同じエリアにある病院でも、大学病院、一般病院と、公営病院や民間病院は年収や待遇に大きな違いがありますので、所属する病院を変えるだけでも、仕事内容はあまり変えずに年収アップも可能かもしれません。しかしながら、いままで所属した病院を辞めるときにはまさに「後を濁さず」離職しなければなりません。退局する場合、とくに大学の医局を離れる場合は、しっかりとした理由づけが必要です。ウソも方便ですが、なるべく正当な理由を付けることです。

都市部で無数にあるように見える病院でも、やはり病院同士はなにかしらの繋がりがあります。もし次の病院が前職と関係ある病院であれば、当然前職での働きぶり、辞めた経緯などを面接で話すことになります。その転職に関しては、きちんと筋の通ったものにしないと、年収アップや将来のキャリアアップに響いてきますので、少しでも目標年収や、将来の目標がある人は、慎重に転職活動をするに越したことがないでしょう。やはり勤務医で組織の関係性なしには、将来の展望もないし、年収アップも難しいかもしれません。

ただし、転職する医師は、だいたい臨床経験があり、専門科で十分経験を積んだ30代くらいの医師が多いといいます。若いときには大学の医局で研修生として忙しい毎日を送りますが、中堅どころになると、それなりに医師として、転職してやっていくのに十分なスキルが身に付きます。医局に所属して、いつどこに行かされるか分からない状態のなかで仕事をするよりも、いっそ自分で転職して、安定した職場を得たいと考える医師がいてもおかしくないですし、しかもその土壌は、転職サイトやエージェントによりすでに十分整っているのです。

離職の理由としては、女性なら結婚、出産などがありますし、また親が開業医をしている場合は、そのまま実家を手伝うという流れはよくあることです。また、30代、40代の医師では、親の介護をしなければならないというのが、最も多い理由に成り得ます。事実そうした家庭問題が出始める世代ですし、親を介護するためにより時短で、自宅から近く、しかも転勤が無い仕事に就きたいと思うのは当たり前だからです。

離局の際にきれいに辞めることができるかは将来を考える上で、そして年収をアップする面で非常に大事になります。辞めてしまえば関係ないではなく、きちんとしたプロセスが重要なのです。その上で、転職サイトで、自分の希望の条件で検索したり、専任キャリアコンサルタントと相談することで、適職がみつかります。たしかに、経験がある30代、40代医師は、転職市場でかなり高評価で、転職先も沢山あり、年収アップできることは多いのです。

医局を離れてから、一生のうちに平均2、3回ほど、転職する傾向がある医師ですが、当然医局を離れないで、そのままずっと勤めあげる医師もいますし親の開業医を継ぐケースも多くあります。多少以前に比べて、医師の進路や転職は多くなってきた傾向がありますが、転職の際は、計画的に、自分の本来の目標や目的にぶれがでないように、慎重に行ってください。転職して、なにか不具合がでて、あとで後悔しても遅いのですから。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.