医師求人<高収入>サイトランキング

高収入医師求人TOP >> 医師の年収FAQ >> 医師の平均年収は?

医師の平均年収は?

医師の平均年収は、平成25年の調査で、1072万円、日経メディカルオンラインが独自に調査したところでは、勤務医が1477万円となっています。実際に開業医の年収は、勤務医より多いのが普通ですが、それ以上に最近の医師不足もあって、勤務医の給料は上昇傾向のようです。ただし、1072万円という平均には、おそらくアルバイトや非常勤の医師の年収も含まれていると考えられ、その働き方のスタイルや医師間の格差も見え隠れする結果となっています。

基本的に開業医の年収は、勤務医の2倍以上になる方が多いと予想されますが、開業時には様々な医療機器の購入、もしくは将来もリース機器の支払いなどを抱えて、経営自体はあまり余裕がない開業医も多いかもしれません。

勤務医を中心にアンケートを取ったところによると、年収に満足している医師は、1500万以上で多くなりそれ以下だと不満をもっている医師が多いことが分かりました。これはおそらく、勤務状況とそれによって得られる報酬とのバランスが取れているかどうかの目安にもなります。

例えば、仕事や年収に不満を抱えていても、医局制度に縛られて、なかなか転職ができなかったり、後期研修後や、専門医試験に合格したあとでも、将来の保証から、そのまま医局に残ったりする人が多いものです。ただし、病院数がすくない土地などは、前職や前に所属していた医局との関係が深く、計画的に離局しないと、狭い社会のなかで転職後の仕事が見つけづらいというデメリットがあります。

若い、これからの医師にとって、臨床経験と医局に所属するメリット、デメリットを考えながら、いつ医局から離れるのかが最も需要な決断になりつつあります。将来、医局にいるからこそ得られる安定感などもあり、医師の転職サイトに登録し、仕事を探していても、最終的には自分でやっていけるかどうか、転職市場で生き残れるかどうか、自分の実力や方向性をもう一度客観的に考える必要があります。

お給料だけでみると、当直などを受けもつ、アルバイト医師などでも十分生活をしていけますから、常勤だけではなくて、非常勤の仕事、それからアルバイトなどでも医師はできます。ただし、生活できるかどうかではなく、医師として、どんな目標をもってやっていくのかしっかりしていないと、そのまま、目標も決まらず、アルバイト医師を続けることになってしまいます。

転職によって、年収がアップしても以前よりも激務になったり、環境があまり合わない、前職の関係があってアプローチできる医療機関が限られてしまうなど、自分の進路を医局を辞めることで狭めないように離職には細心の注意が必要ですし、年収アップも、組織で実績を積み重ねたほうが確実なケースもありますので、自分の適性によって目標、キャリアアップを現実的に分析してみてください。それから転職サイトを利用しても遅くはありません。

<高収入>医師求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人<高収入>サイトランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師求人<高収入>サイトランキング All Rights Reserved.